時々、とんでもない目玉商品が出てきます!お見逃しないように毎日1回はチェック!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文明の利器はとことん使い倒すべし!

便利なモノがあふれている現代ですが、文明の利器はとことん使い倒すのがスジではないかと思います。

おいしいコーヒーを入れてくれる人、と思ってもらえる簡単な方法

どうすれば、カッコ良くコーヒーを入れる事ができるか?

まず考えなければならないのがシチュエーション。



自らコーヒーを入れる行為であるので場所はやっぱり家、これは変えられない。




で、家で自分や家族のみでコーヒーを楽しむにしろ、彼女や彼氏に振る舞ったりお客様にお出ししたりするにしろ、なんかフツ~に豆をドリップしてポコポコ音立てて、はいどうぞ・・・。


フツ~でしょ!ダメでしょ!


それじゃ、印象に残らない。


f:id:chomeris:20150911212159j:plain



フツ~にやっちゃ、どんなに高級な豆を用意していても、コーヒーの味だけでは相手のの脳内に「記憶」として残してもらうには弱すぎます




自分としては、

”この人は美味しいコーヒーを入れてくれる人”


と思って欲しいのに、フツ~にドリップしただけでは、


”この人はコーヒーを出してくれる人”


という、人並みに優しい人であろう、というだけの記憶で完結です。


”ハムの人”みたいな感じなので、客観的に見るとガッカリな結果です。




「家」というシチュエーションが変えられない限り、相手にとって「おいしいコーヒーを出してくれる人」という印象を強くするためには、カップを工夫したり、コースターを工夫したり、面白い話で盛り上げてからハイッって出すとか、いろいろと印象操作する必要があるわけです。




ただし、カップもコースターもおもしろ話も、すべてはセンスが問われます。

万人向けではありません。



ヘタな”ブツ”を出しちゃうと、それだけで高級豆も台無しですし、いわんや安物の豆使ったりした日には、


「センスないなぁ。口直しに帰りに缶コーヒーでも買おう。」


こう思われたら、もうあなたの人格否定に近いものが・・・。

f:id:chomeris:20150911212923j:plain



じゃあどうやって印象付けるかと考えるに、フツ~のコーヒーマシンではなく、

センスの良いコーヒーマシンで入れたらどうか?

という奥の手もあるわけです。


自分にセンスが欠けている分は、オブジェに頼ろうというわけですね。



コンパクトでシンプル、それでいて高級感があって、”こんなの見たこと無い!”ってインパクトがあるコーヒーマシンでドリップしたら、たとえ1kg500円くらいの安物の豆で挽いたとしても、


「あの人の入れたコーヒー、なんだか気になる。」

という事に・・・なると思うんですが、どんなもんでしょ?


円高