時々、とんでもない目玉商品が出てきます!お見逃しないように毎日1回はチェック!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文明の利器はとことん使い倒すべし!

便利なモノがあふれている現代ですが、文明の利器はとことん使い倒すのがスジではないかと思います。

北大路魯山人の究極の納豆が自宅で簡単に!


陶芸家の北大路魯山人をご存じでしょうか?

北大路魯山人は陶芸家として有名ですが、実は美食家としても大変有名で、自ら料亭などを経営するほどの料理の腕前があり、現代ではどちらかというと美食家として有名ですよね?

その北大路魯山人は、「納豆はかき混ぜるほどおいしくなる」という理論の元に研究を重ね、納豆は「425回かき混ぜると一番おいしくなる」という結論を導き出しました。

しかも、305回目で醤油を混ぜるとさらに旨くなる、というところまで研究したんだから、恐れ入りますね。

・・・ヒマだったのか・・・? 

いやいや、そうではなく、ここは”さすが魯山人先生!”と言っておきましょう。

その北大路魯山人先生が究極と称した納豆が、自宅で簡単に作れるのが「食の極み 魯山人納豆鉢」です。

【販売中/送料350円】稀代の芸術家 北大路魯山人が提唱した究極の納豆の食し方を再現★納豆を究...

美味しんぼ」でも、さすがにここまではやってないような気がします。

科学的に見ても、425回混ぜることで納豆のコクは109%になる、という”味香り戦略研究所”のお墨付きもあります。

納豆大好きな人なら、”究極の美食家”北大路魯山人先生に、これぞ究極!と言わしめた”究極の納豆”を食べてみたいと思いませんか?

さらにこの「食の極み 魯山人納豆鉢」は、425回の設定をキャンセルできる「我流モード」がついているので、”至高の珍味”と言われるペースト状にまでかき混ぜた納豆も、自分で作ることができちゃいます!

※2月上旬の発売予定となってます


円高