時々、とんでもない目玉商品が出てきます!お見逃しないように毎日1回はチェック!

文明の利器はとことん使い倒すべし!

便利なモノがあふれている現代ですが、文明の利器はとことん使い倒すのがスジではないかと思います。

真夏の炎天下でも、着るだけで快適に過ごせる接触冷感アンダーウェア

f:id:chomeris:20180715212217j:plain

夏にゴルフをした事がある人はわかると思いますが、とにかく暑いですよね!

特にグリーン上は木など、日差しを遮るものがないので、炎天下にモロにさらされます。

さらに、日焼けが嫌だからと長袖シャツでプレーするゴルファーもいて、もう見てるこっちの体温が上がって仕方がありません。

日焼けだけじゃない!直射日光の怖さとは

太陽光の直射日光って、日焼けするだけでなく、疲労感も増します。
紫外線を浴びる事で、皮膚が肌を守ろうとするため、知らないうちに体力を削がれていくというわけです。

もちろん、熱中症の危険も増しますし、水分・塩分をちゃんと取らないと、ドライバーショットした途端にぶっ倒れたなんてシャレにならない事態も起きる可能性があります。


冷感アンダーウェアがすべてを解決してくれる



今やスポーツの世界では常識となりつつあるのが、冷感アンダーウェアと呼ばれる気化熱を利用した繊維。

接触冷感繊維を使っているので、着た瞬間からヒンヤリした感覚を得られるのですが、この冷感アンダーウェアの良い所は、

・汗を素早く吸って放出する気化熱により、体温の上昇を抑えて熱中症を防ぐ
・日焼けを防ぐ(女性にはうれしいですね)
・紫外線を浴びる事による疲労を軽減する

加えて、風が吹けば炎天下にいても通常よりも数倍、涼しい感覚が得られます。


スポーツだけじゃない!冷感アンダーウェアは様々な場面で活躍


f:id:chomeris:20180715212201j:plain

例えばキャンプ、スポーツ観戦、子供のクラブチームの試合観戦、運動会、外での仕事などなど、使い方次第であらゆる場面で熱中症予防に役立ちます。

また、これは少し特殊な使い方ですが、私自身は家の中でも冷感アンダーウェアを着ています。

で、冷房がそれほど必要ないけれどちょっと暑いなあ、という日には、冷感アンダーウェアに霧吹きで水をかけ、扇風機を回して過ごしています。

冷房が嫌いな人や、電気代を節約したい人にはおすすめの方法だと思いますよ。


霧吹きは100均でも売っているもので十分ですし、扇風機かサーキュレーターがあれば完璧です。

時代と共に便利な製品も開発されているので、文明の利器はしっかりと活用していけばいいと思います。



円高