時々、とんでもない目玉商品が出てきます!お見逃しないように毎日1回はチェック!

文明の利器はとことん使い倒すべし!

便利なモノがあふれている現代ですが、文明の利器はとことん使い倒すのがスジではないかと思います。

夏と冬、紫外線はどう違う?

冬よりも夏のほうが、紫外線が強いというのはご存知だと思います。

これは、太陽の位置が高いほど降り注ぐ紫外線の量が多いから。



f:id:chomeris:20160422205819j:plain



美容に敏感な人は、紫外線防止メガネや紫外線防止スプレーなど、ちょっとしたお出かけや買い物の時でも美肌維持に努力していることでしょう。



ところで、夏と冬の紫外線の「質」はどうでしょうか?

実は、質に関しては夏も冬も変わらないんです。

単純に、量が違うだけなんですね。



ということは、紫外線の量が少ないだけで、冬でも夏同様の質の紫外線が降り注いでいる事には変わりないので、冬もUVカットクリームなどでガードすべきなんです。

日焼けはしにくいですが、UVカットクリームなどでガードしていないと、UVは確実に皮膚の内側にまで届いているため、春には隠れジミが表面に出てきます。




また、朝や夕よりも昼間のほうが太陽の位置が高いので、冬でも天気の良い昼間に外出する時は、UVカットクリームなどで皮膚をガードしておきましょう。

こういったちょっとした気遣いが、数年後の肌に差をつけることになるわけです。


f:id:chomeris:20160422210109j:plain




「あの人は、年齢のわりに綺麗な肌してるね」


と言われるような人は、見えないところでそういった努力を重ねているからなんです。



「でも、日焼け止めなんて塗ってる感じじゃないけど」



実は日焼け止め剤には、紫外線吸収剤のものと、紫外線散乱剤のものがあり、白浮きしやすいけれど強力なのは吸収剤を使ったもので、散乱剤は白浮きしにくいけれど紫外線防止効果はゆるやか、という特徴があります。


最近では、白浮きしにくく紫外線防止効果も強力なものが出ていますが、まだまだ少数派。


性能のよいものは高いですが、SPFPAの数値だけで購入はしないほうがいいですよ。

やはり、高価なものは紫外線防止効果も長続きしますし、白浮きもしないので服につくことがほとんどないですし、汗にも強く、肌荒れすることもないです。


それでいて、落とす時は簡単に落ちてしまうという不思議なクリーム。



それでもやはり、夏の日差しがキツイ時期には日焼けしてしまう事もありますから、1日に2,3回はこまめに塗りなおしたほうがいいようです。

f:id:chomeris:20160422205819j:plain

円高