時々、とんでもない目玉商品が出てきます!お見逃しないように毎日1回はチェック!

文明の利器はとことん使い倒すべし!

便利なモノがあふれている現代ですが、文明の利器はとことん使い倒すのがスジではないかと思います。

子供の部屋におすすめの暖房器具なら山善DO-TL124


子供部屋に暖房器具を置きたい、と思った時に心配なのが、やはり火傷や火災などの事故ではないですか?


”子供だけの部屋にも安心して置ける暖房器具って・・・”


と思ったら、最も安全なのはオイルヒーターでしょう。




オイルヒーターは、もともとヨーロッパの上流家庭で一般的に使われていたのですが、今は安くなったので十分に手が届く価格になってますよ。



オイルヒーターのメリットですが、



■熱くならない

本体はほんのりあたたかくなる程度なので、たとえ手が触れたとしても火傷するほどの熱さがありません。

これは子供部屋もそうですが、赤ちゃんのいるご家庭や、部屋でペットを飼っている方にも安心なポイント。

赤ちゃんにもペットにも安全です。



■空気を汚さない

”部屋にある空気そのもの”を暖めるので、石油ストーブや石油ファンヒーターのように、空気中の酸素を燃やすことで酸素が薄くなる、という事もないため、しばらく使ったら空気の入れ替えをしなければならない、という事がありません。

空気を汚さないので、寝室の暖房には最高ですね。

オン・オフタイマーとの併用で、とても便利に使えるのもポイント高いです。


■火を使わない

万が一倒れても、火を使っていない暖房器具というのはとにかく安心ですよね。
倒れた時は、オートオフ機能もありますが、石油を使う暖房器具に比べると安心感は段違いです。

特に赤ちゃんやペットなどは、目を離したスキに暖房器具に触れて倒した、なんていう事故は、毎年冬に起きています。


赤ちゃんや走りまわるペットにも安心・安全です。




このように、メリットだらけのオイルヒーターですが、実はデメリットもあります。

それは、


電気代を食うことです。


最も弱い設定で使ったとしても、1時間あたり15円ほど電気代がかかります。



ただ、エアコンや石油ファンヒーター、ガスストーブなども同じくらいかかりますから、今はオイルヒーターの電気代に関してはデメリットではない、ともいえますが。


実はオイルヒーター、3年ほど前から電気代に関しては、とてつもなく進化を遂げているんですよ。

ほんの4,5年前までのオイルヒーターなら、電気代はもっとかかってましたから、これが「高級暖房器具」と言われる所以だったのですが、今のオイルヒーターは他の暖房器具並みに近づきましたから。


1日7時間、弱設定で使ったら約100円強。

1ヶ月で、3000円強の電気代になります。


これが強設定なら2倍かかりますから、1ヶ月の電気代は約6000円強・・・あれ?石油ファンヒーターとあまり変わらない?



石油ファンヒーターなどのように灯油の補給もしなくていいので、ニオイも気にならず、管理そのものはとっても楽です。

なにより、部屋に置いた状態でもフィンがオシャレなのがいいでしょ?




円高