時々、とんでもない目玉商品が出てきます!お見逃しないように毎日1回はチェック!

文明の利器はとことん使い倒すべし!

便利なモノがあふれている現代ですが、文明の利器はとことん使い倒すのがスジではないかと思います。

大豆イソフラボンの効果がある人とない人がいること、知ってますか?

大豆イソフラボンが、女性ホルモン(エクオール)としての効果を作れる人は、日本人女性は2人に1人です。

あなたが腸内でエクオールを作れる人なのかどうか、簡単に調べる方法があります。





大豆イソフラボンの効果を実感できないのでは?

大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをする、というのはずっと言われてきたので、ご存知の方も多いと思います。

ただ、大豆イソフラボンを意識して食事やサプリで取り入れているのに、効果が出ているように思えない、という女性も多いのが事実。

もしかして、あなたも効果を実感できていないのなら、重要な事実があります。



クオールを作れる人は2人に1人の割合

大豆イソフラボンは、直接、女性ホルモンのような働きをするわけではありません。

腸内細菌の働きによって”エクオール”というものに変化し、エクオールが女性ホルモンに似た働きを助けてくれるわけです。


大豆イソフラボンをエクオールに変えるには、腸内細菌の中に”エクオール作成菌”が生まれつきいるか、いないか、で決まるのです。

クオール作成菌がいる確率は、2人に1人と言われています。


大豆イソフラボンに効果を実感できないのなら

日本人のような農耕民族は比較的、体質的に大豆イソフラボンが女性ホルモンのように働く人が多い、と言われています。

それでも、確率は1/2、つまり2人に1人の割合でしかありません。


大豆イソフラボンはたくさん摂っているのに、全然効果が出てるように思えない」

と普段から疑問に思っている方は、努力が無駄にならないためにも一度、エクオール作成菌がいるのかいないのか、調べてみてはいかがでしょう?



まとめ

クオールを作れないのに大豆イソフラボンを大量に摂っても、女性ホルモン同様に役立てようという目的であったとすれば、それは”骨折り損のくたびれ儲け”となってしまいます。

しかも、大豆イソフラボンは取りすぎると、発がん性・月経不順などの副作用があると言われています。


自分の腸内細菌に、エクオール作成菌がいるのかいないのか、知っておいても損ではないと思います。


円高