時々、とんでもない目玉商品が出てきます!お見逃しないように毎日1回はチェック!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文明の利器はとことん使い倒すべし!

便利なモノがあふれている現代ですが、文明の利器はとことん使い倒すのがスジではないかと思います。

Tシャツにアイロン転写シートでオリジナルロゴをプリントする時に長持ちさせる秘訣とは


世界に一つだけの”オリジナル品”がほしい!という願望って、みんな持ってると思うんですよ。

特に、普通に使ってるもので”自分しか持ってないデザイン”とかは、とても価値があるように感じます。




「オリジナルのTシャツを作りたい!」


誰しも一度は考えたことがあるでしょ?




で、今はアイロンプリントができるセットが安価で売っているし、デザイン力に自信がある人なんか、お店で売ってる既成品よりもすごいの作っちゃったりして楽しんでるわけです。


ただ、オリジナルTシャツにアイロンプリントするまではいいんですが、洗濯を何回か繰り返すと、せっかくの印刷がボロボロになったりしますよね?


苦労してデザイン考えたんだから、”もう着られないかな”くらいTシャツがヨレヨレになるくらいまで着ていたい。



となると、洗濯を繰り返してもアイロンプリントが頑丈なものがほしい!


頭ひねってデザインして、アイロンを圧着させてと、けっこう大変な思いをして作ったオリジナルTシャツなんだから、ながーく付き合いたいものです。


いろんなメーカーからアイロンプリント用の転写シートが発売されていますが、最も


”洗濯してもアイロンプリントが丈夫で長持ちするもの”

となると、やはり数点に限られてきますよね?



そんな数あるアイロンプリント転写シートの中でも、最も”洗濯に強い”ものがこれでしょう。


白・淡色生地用のアイロンプリント用紙洗濯につよいアイロン転写シート A4サイズ



あるサイトにて、いろんなメーカーのアイロン転写シートの洗濯実験していて、100回の洗濯でどれくらいボロボロになるかを検証していたんですが・・・。


この「洗濯につよいアイロン転写シート」は100回の洗濯でも、ほとんど色落ちや剥がれがなかったようです。




ただ、私の経験上で言えば、100回の洗濯でもプリントをボロボロにしない秘策が2つあります。



1つは、アイロンをかけるときに、アイロン台のような不安定で力の入らないものはNG。

丈夫な机の上に、厚手の布を敷いて机を保護した上で、体重をズンッとかけながらアイロンをすること。


もう1つは、洗濯で型崩れを防ぐタイプの洗剤を使い、Tシャツはネットに入れて洗濯機の”手洗いコース”または”ドライコース”で洗うこと。


これなら100回以上の洗濯にも絶えられます。


せっかく苦労した作ったオリジナルTシャツです、お気に入りのものはなが~く大切に使うためにも、絶対にハズさないアイロン転写シートを選びたいものですよね。





円高